スポーツを楽しもう!

超絶美味い!おすすめプロテインはコレだ!!

プロテインって必要なの?

そもそもプロテインって必要なのかどうか・・・

もしトレーニング直後にすぐ食事を取ることができるのであれば、正直必要ないです。ですが、直後に食事が難しい人にとってプロテインは手軽に摂れるたんぱく質として重宝できます。

筋肉が発達するのには2つの時間帯があります。
その2つの時間帯が筋トレ直後と就寝時です。

特に筋トレ直後というのがとても大切で、筋トレで破壊された筋肉は修復するための原料、つまりたんぱく質を猛烈に欲しがっているわけです。
特に吸収されやすい時間が筋トレを終えてから30分以内と言われ、この30分を『ゴールデンタイム』と呼んでいるのです。

ここ数年前までは「多くのたんぱく質をとれば良い」とされていましたが、「ゴールデンタイムに間に合う、吸収速度の速いたんぱく質をとる」ことが大切だと言われています。

 

f:id:fors0206:20170827174301p:plain

 

吸収する時間も考えると『ゴールデンタイム』にたんぱく質を摂るのがベスト!

なので、このゴールデンタイムに手軽に吸収されやすいたんぱく質を摂れるプロテインが重宝されているってわけなんです。

 

 

運動直後以外にもプロテインって飲むの?

色々な調査により、トレーニングされてる人は1日に体重1㎏あたり1.5~2.0gのタンパク質が必要だと言われているようです。
つまり体重60kgの人なら90~120gのたんぱく質が必要となります。

3度の食事で必要量のたんぱく質が摂取できればよいのですが、なかなか難しいですよね。
そんな時の補助的な役割としてもプロテインは効果を発揮します。

間食に使ったり、就寝前に取り入れたりと。

 

プロテインを摂る3つのタイミング

1.朝起きたとき(朝食代わりでもOK)
寝ている間に吸収され、たんぱく質を欲している状態

2.トレーニング直後
ゴールデンタイム。最もたんぱく質を欲する状態。

3.就寝前
寝ている間にゆっくりたんぱく質が吸収される。

また食事と食事の間隔が空いていまう場合もプロテインを摂取できればベターですね。

ただ、たんぱく質にも1日で吸収できる限界がありますので、摂りすぎても意味がないのでご注意くださいね。

 

おすすめのプロテインは?

まずプロテインを買う際に重要視していただきたいことは、ずばり・・
『味』です!

日々摂り入れるものですから、不味いプロテインは苦痛です。
とことん味にこだわる方が長く続けるモチベーションになることは間違い無しです。
ボディービルダーを目指しているなら話は別ですけどね。

次に『価格』ですね。
プロテインも飲む習慣となれば費用的にも負担が掛かります。
できるだけ価格を抑えることができるにこしたことはないですからね。
ただ安くてもたんぱく質の含有量が低いものもありますので、たんぱく質1gに対していくらなのかを考える必要はあります。

最後になりましたが、『品質』ですね。
もちろん粗悪な商品を買ってはいけませんが、一般的に出回っている商品は大丈夫でしょう。国産やアメリカ産等のものであれば、そこまで大きな差はないかと思います。
ただ中には、解けにくい商品だったり、保存に優れない商品もあったりするので、口コミなどを参考に購入するのが一番だと思います。

そこで私が色々試した中でオススメできるプロテインを紹介します。
吸収力が早いとされてるホエイプロテイン3種類をピックアップしてみました。
一長一短ありますので、参考までにお願いいたします。

 

 

1.SAVAS ホエイプロテイン100


ネット販売価格¥4200~/ドラッグストア等で¥5000~
タンパク質含有率:74%

(1杯30gあたり)
カロリー:118kcal
たんぱく質量:21g
炭水化物量:3.8g
脂質量:1.8g
値段:143円
アミノ酸スコア:100

日本で最も売れているプロテインです。MEG製法で液体への溶けがすごい良いですし、味も保障できます。7種類のビタミンB群とビタミンCなどが添加されているため、栄養価も高い商品です。
バニラとチョコレート味があり、私はバニラ味を豆乳で割って愛飲してました。チョコレート味も牛乳で割るとミロみたいで美味しいと評判ですね。

 

 

2.ビーレジェンド be LEGEND


ネット販売価格¥3480~
タンパク質含有率:73%

(1杯30gあたり)
カロリー:117kcal
たんぱく質量:22.3g
炭水化物量:3.9g
脂質量:1.3g
値段:116円
アミノ酸スコア:100

ホエイプロテインの中でも人気急上昇中の商品です。「モンドセレクション」で2015~2017年において最高金賞を受賞しています。グラム当たりの値段もとても安く、プロテイン業界の革命児とも呼ばれてるくらいです。
7種類のフレーバーが選べるのですが、私はベリーベリー味を飲んでました。
他社のものに比べて若干解けにくい感じがするのと、粉末が舞いやすいのが少し不満でしたね。でも価格からすれば十分満足できるものでした。

まずはお試しから始めてみるのもいいかもですね。

 

 

関連画像 3.BNS シンサ6 アイソレート


ネット販売価格¥5980~

(1杯30gあたり)
カロリー:約111kcal
たんぱく質量:約19.8g
炭水化物量:約5.5g
脂質量:約1.1g
値段:約199円

私が最もオススメしたいプロテインがこれ、シンサ6!
何がスゴイかって?とにかくメチャメチャ美味しいです。私はストロベリーシェイク味を飲んでいたのですが、水で溶かしても他のプロテインより群を抜いて美味しいんです。8種類の味があるので、全部試したかったくらいです。
味以外の特徴はと言えば、ホエイプロテインとカゼインを含むミルクプロテインをブレンドしたプロテインになっているため、たんぱく質含有量は他に比べて劣ります。
消化吸収の速いホエイとゆっくり吸収するカゼインの両方を含んでいるので就寝前なんかには特に向いてるプロテインと言えるでしょう。また摂取タイミングに縛られたくない人にもおすすめですね。
とにかく美味しい、ただそれだけで私の中でのNO.1です。赤ピンク色のボトルも洗練されていますね。

 

トレーニング前には何を摂れば良いの?

実は、筋トレ前にも十分な栄養素を摂る必要があります。
筋トレ中の高いパフォーマンスを引き出すために必要であり、栄養が足りないと筋肉が肥大するどころかむしろ小さくなってしまうカタボリック状態になる恐れがあります。

では、どんな栄養素が必要か。
筋トレ前に最も重要なのは、体を動かすエネルギーとなってくれる炭水化物なのです。炭水化物を取ることで、筋トレ時にエネルギーとなる「筋グリコーゲン」が貯蔵され、効果的に力を発揮することができます。

また、炭水化物を摂取することで筋肉の減少を抑えることができます。

ちなみに私がおすすめする炭水化物はバナナです。
バナナには炭水化物がたっぷりと含まれていて、ビタミンやミネラルなどの栄養も満点ですしね。
食べやすいこともあり筋トレ前には最適かと思います。
最悪、おにぎりやパンなどで炭水化物を補給するのでもいいです。

あとは、サプリメント。
筋トレ上級者さんだと、BCAA(分岐アミノ酸)クレアチンといったサプリメントを摂取されてる方もいますが、初心者にはまだ必要ないでしょう。
費用もかさみますからね。

私がたまに飲んでいたのが、スズメバチアミノ酸が3,000mg入っているスーパーバームですね。ジムの自販機に置いてあったので。

またインターネットで「GACKT愛用」や「初回500円」などのうたい文句で出回るようになったHMBというサプリメントがあります。

このHMBですが、効果としてはHMBにはたんぱく質の同化促進効果、つまり筋肥大などの筋肉量増加と、たんぱく質の分解を抑制する筋肉量減少抑制効果があると言われてます。
実際私も筋トレ前に摂取していたことがあるのですが、このHMBによってどれだけ筋力アップに貢献しているのか実感が沸かなかったんですよね。
効果がないことはないと思うのですが、オススメするところまでは考えれません。

ですので、筋トレ前はバナナなどでたんぱく質を取る、またはアミノ酸ドリンクなどで栄養補給する、これくらいで良いと思うんですよね。

ちなみにトレーニング前にバカ食いしてしまうと内蔵に負担を掛けてしまいますので、くれぐれも1~2時間前に済ませておくのが良いと思います。

それと筋トレ中の水分補給は絶対なので忘れないで下さいね。